年賀状の必要性

資料を見る男女

私達は日々生活している上で様々な人と関わりを持ちます。その全ての人々が自分自身にとって重要な意味を持つ訳ではないと考えているでしょうが、どこでそのつながりが活きてくるかは分からないという経験をした人は多いことでしょう。 日本には新年を言祝ぐと共に旧年中の感謝と変わらぬ厚誼を願う挨拶を記した書状を送付するという伝統が古くからあり、現在では年賀状として年末に印刷をする一種のイベントとして定着しています。年賀状は幽かとは言えども人と人の縁をつなげる手段として現在でも有力です。特に電子メールが普及したために、年賀状を出さない人が多くなっていると言われる現在、年賀状を受け取る人にとって送り主の印象は一層強まることでしょう。

年賀状は長年手書きで行われてきましたが、印刷技術の発達と共に印刷業者が写真等の画像付きの年賀状の印刷を請け負うことが多くなりました。更に近年のパソコンやプリンター等のデジタル機器の普及により、写真付き年賀状の印刷は一般家庭でも容易になっています。しかし、電子メールやソーシャルネットワークサービスの普及等のために年賀状の発行枚数は減少していると言われます。 しかし、近年は核家族が増加して故郷を離れるケースが多いため、高齢でデジタル機器に不慣れな両親に写真付きの挨拶状として年賀状を送付する人も増えています。印刷する時間がない場合、最近ではインターネット上で写真等を預ければ作成して納得がいくまで修正してくれる印刷代行サービスもあります。