MENU

故人とゆっくり過ごしたい

花

それぞれの心の整理

式場を用意したり供花を飾ったり、お葬式も無料ではありません。葬儀は平均相場で200万円弱の費用が必要になります。東京で急に葬儀を行うことになった場合、遺族が赤字にならないスタイルの葬儀を選択するようにしましょう。東京で費用を抑えた葬儀を行いたい場合は家族葬を選択します。お葬式の費用は会食者の接待で約30万円ほど支出することになりますが、東京で家族葬を行えばこうした価格を削減できます。家族葬は故人の会社関係者や友人を招かず、限られた人達で行うのが一般的なのです。またハガキで香典を辞退することによって、お返しの用意もせずに済みます。他にも一般的な葬儀では故人のご遺体を安置する場所を確保したりお葬式上会場を手配する必要があります。しかし家族葬では病院から自宅にご遺体を搬送してもらえるため、そうした費用がかかりません。東京で葬儀社に依頼して、自宅に枕飾りをセットしてもらいましょう。こうした葬儀は費用や準備の手間だけでなく、遺族にとってメリットがあります。大切な人を失った痛手に落ち込んでいる時は人前で笑顔を作るのも難しいものです。しかし家族葬であれば無理な接客に奔走せず。ゆっくり故人との思い出を振り返りながら最後の別れができるのです。一方で故人が会社役員をしていたり社会的に知れ渡っている人だったりする場合は、一般葬を選択しましょう。会葬者にも別れの時間を過ごしてもらうことで、多くの人達に心の整理をつけてもらえるのです。