痛車の普及

事務所

痛車が登場した当初は、あまり良いものとはされていませんでした。しかし最近になって、アニメや漫画が爆発的な人気を誇るとともに、痛車をつくりたいと思う人も増えていきました。街中でも、月に1回くらいは存在を見かけるようになるくらいには普及しています。 痛車のコンテストなどのイベントも開催されることがあり、痛車を好む人口は確実に多くなっています。今後も更に多くなっていくといわれています。イベントも小さなものだけでなく、全国各地から人を集めた大規模なものもあります。また、プロレーサーも使用していることも増えてきました。レーサーが痛車を使用することで大きな宣伝効果が得られます。今後はあらゆる企業が知名度の上昇への取組みをしていくと予測されます。

痛車を作成する際には、多くの費用がかかります。業者へ依頼する場合は20万円前後の出費は出ます。自分でつくる場合でも費用を抑えることはできますが、それでも5万円程度はかかってしまいます。 著作権や版権的問題も無視することはできません。基本的には商用目的とした使用でなければ可能である場合がほとんどですが、中には目的がどのようなことであれ使用を禁止しているところもあります。作る前にはそういったことを確認し、不明な点があれば必ず問い合わせをすることが大事です。 また、駐車する場所ことについても考えておく必要があります。痛車は人の目を引きやすいものです。いたずらをされる可能性もあるので十分な注意が必要です。