花

故人とゆっくり過ごしたい

葬儀にかかる費用は平均相場で200万円弱です。しかし東京で家族葬を選択すればこうした価格を大幅に削減できます。家族葬では会葬者を大勢招きませんので接待費にかかる約30万円を削減できるのです。また遺族がゆっくり故人と別れる時間を過ごせます。

線香

葬式の様々なスタイル

東京で葬儀をするには、一般的な葬儀や家族葬、直葬などの形があります。そのほかに宗教にとらわれないで独自のスタイルで行う自由葬も人気です。お骨をパウダー状にして海や山に散骨する自然葬を行うケースもあります。

数珠

家族葬が人気の理由とは

目黒区で人気となっているのが家族葬です。これは少人数で行えるため家族の精神的、肉体的、金銭的な負担が減ります。体裁や宗教などに関係なく行えるのも人気の理由です。葬儀社選びはプランのほかに柔軟なサービスができるところを見つけることが大切です。

MENU

女性

生前に考えておくとよい

東大阪市で葬式を準備するときは、できたら故人となる対象者とともに生前から準備しておくのがおすすめです。対象者の希望を軸に規模や予算を考えておきましょう。積極的でなくても、事前に情報を集めておくだけでもいざという時焦らずにすみます。

フラワー

相性のよい業者を選ぼう

埼玉で葬儀に対して見積もりを取り寄せる場合、希望する規模によって、業者を選んだほうがいいといわれています。見積もりに対する質問に、誠意ある回答をしてくれる業者や、予算外の費用が出た場合には誠実に話してくれる業者がよい業者です。

多様な葬式があります

葬儀会場

家族の負担も少ないです

最近は、さまざまな分野で個人の意思や価値観を大切にされる傾向が強まっています。テレビなどのメディアでも葬儀の在り方が特集されていて、ここ数年で大きく変化しています。葬儀は、故人を心を込めて送り出す事が本来の目的ですが、故人との交流のあったの人たちを多数招いて、儀式的な要素も兼ねています。そのため、規模の大きな葬式になり、高額な葬儀費用が家族への負担になっています。それ以上に、参列者への連絡や、当日の参列者への気遣いなどの負担も大きいのが現状です。故人の意思としては、身内だけでひっそりと葬式を行なうことで、家族には出来るだけ負担をかけたくないと従前に考えていた人も多く、最近は埼玉でもコンパクトな葬儀が注目されています。埼玉でも人気なのが家族葬で、従来の葬儀と比べますと大きく費用を抑えることが可能になり、家族だけでゆっくりと故人を偲ぶ時間が持てるのが人気の理由です。家族葬の場合は、事前に親類などに参列をお断りする旨の連絡を早急に行なう事が大切です。併せて、弔電なども辞退する事を、会社などの関係者にも通知する必要があります。埼玉では最近、家族葬に専門に取り扱っている業者が急増しており、専用のホールなども小規模で料金が全てセットされているプランが増えています。埼玉などでも、高齢化や核家族化が進んでいて、故人の知り合いの人数なども減少しています。そのため、コンパクトな規模で施行される家族葬や、通夜と告別式を兼ねた一日葬などが今後もますます増えて行くいきそうです。